自然と人間の大調和を回復しよう!

講習会

◆生長の家講習会とは…

生長の家講習会では谷口雅宣・生長の家総裁、谷口純子・生長の家白鳩会総裁の講話により、生長の家にはじめてふれる方でもわかりやすく心の勉強が出来る会です。

◆日時:平成30年2月18日(日)10:00(9:00開場)~14:00

【参加者の声】
講習会に参加ご参加いただいた参加者の声をご紹介します。

今回、息子が2度目の講習会に参加してくれました。前回は明治神宮会館で初参加でしたが、途中参加でした。今回はメイン会場の本部練成道場で、最初から最後まで受講してくれて、谷口雅宣先生のお話しが分かりやすく、万教帰一や、目玉焼きに例えた講話などは共感出来たと言ってくれました。
私も息子も娘も、生長の家の聖使命会員となったのは、亡き母が導いてくれたおかげです。
今回も息子が講習会に参加してくれたのは、母親の深い愛情と導きの賜物だと思いました。ありがとうございました。
【60代・女性】

午後の谷口雅宣先生の講話で「人間は神の子であること」「自然と一体の生活が幸せであること」とおっしゃった事が印象に残りました。
【60代・女性】

谷口純子先生の講話は、お言葉が丁寧で、受講者に正確に伝えようとしてくださる所が嬉しく、拝聴させていただきました。また、ノーミートの食事の必要性がよくわかりました。
【60代・女性】

今回は、多くの人に声をかける事と、最後の最後まで推進をやり切るという2つのこと自分なりに実行しました。
成果につながったり、つながらなかったりといった事を経験する中で、いつも喜びがあったのが不思議なことでした。
支部、地区連の中での推進活動はとても良かったです。
【70代・女性】

初めて参加しました。始めは大きな会場に圧倒されましたが、ゆっくり、じっくり講話を聞くことが出来ました。社会的なニュースを織り交ぜながらの講話はとてもわかりやすく、感動しました。
【40代・女性】

2月16日、最後の推進へと原宿へ出かけました。
はじめに、3人の方に声を掛けました。あきらめかけた時に受講券を2枚渡すことが出来ました。
次は「いのちの樹林」の入口で40代くらいの男性に声を掛けました。すると、その男性は自分の抱えているストレスや、これまでの人生などを色々と話し始めました。私は一生懸命聞きながら、講習会をお誘しましたが、参加は無理とのこと。しかし、彼は「2時間も聞いてくれてありがとうございました。お陰でとても軽くなりました。今日は本当に良かった。参加出来なくてごめんなさい」と言い、手渡した『いのちの環』を「読まさせていただきます」と、快く受取ってくれました。
次に参宮橋に移動し、路上のアーティストに声を掛けましたが、「生長の家は知ってるが行かれない」と、逆に相手のコンサートのチラシを渡されました。
駅に向かう途中、地下鉄の入口で工事の作業服を着た方に、「お話しして良いですか?」とお弁当券を付けて受講券を渡したいことをお話しすると、誰かにわたすからと、受取ってくれました。講習会の後、受講券を整理してましたら、お渡しした受講券には、住所、氏名が記載されており、大変嬉しかったです。
最後の最後に、私にとって大変充実した有難い時間を持たせて頂いたことに感謝しております。「講習会があればこそ」と思わせていただきました。
【60代・女性】

行事のご参加、月刊誌のお申し込みはこちらまで TEL 03−5319−4051 10:00-17:00【木・祝日除く】

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP
Copyright © 生長の家 東京第一教化部 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.